整備業界では基本の基本マフラーパテ。

マフラーパテと言っても量販店で売られているのと違い、

チューブタイプで簡単に盛れる。

熱で固まるので焦ることもない。

マフラーの穴あきも有効ですが

O2センサーを装着する為にFパイプをはずしたらガスケットが入ってなかった。って場合も

これがあればOKSBSH2696.jpg














逆にいえばこれさえあればガスケットがいらない。

(まぁガスケットがあったほうが取り付け取り外し楽ですけど)

さらにいえば

このボンドなくして作業はできない。

だって、クラッチ交換でマフラーはずして排気漏れしちゃったらかっこ悪いでしょ。

特に、社外マフラーのプレスフランジは非常に漏れやすい。

整備作業に絶対お勧めの逸品です。

オークション


これから車検のワゴンR

マフラーの接続部分から排気漏れしています

P1020197.jpg













それもそのはず

ガスケットが切れてますから。P1020198.jpg














本来、リングタイプのガスケットを使用しますが

なくても大丈夫。

マフラー用チューブパテを使うのです。P1020200.jpg














歯磨き粉のようにブチューッっと盛ります
P1020201.jpg













混ぜたり捏ねたりしないので非常に楽です。

あとは接続するだけ。

排気の熱で硬化します。P1020202.jpg















オークション



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています