姐さん、古き良き

2020/01/24
きっと 年齢的なものなのでしょう。

これは 不思議でしかない。

若い頃にはまったく味わえない感覚


IMG00009_33.jpg














常に新しいものが欲しかったし

新型がでれば、旧型はもう興味がなかった。

それが

いつからか、「懐かしい」と感じるようになり

さらには

感慨深く眺めるようになる。

決して余裕ができたわけじゃない

前へ進む速度が遅くなったのだと思う。

きっと この感じは 歳追う毎に増していくのでしょう。

40年前からずーっと使い続けているストーブ

この味わいだけは どんな新型にもまねできない。

そして使い続けた人だけが感じることができる味だ。




が、しかし





それはドラマの中の話であり




実際には



本人は何の拘りもなく、タイミングさえあえば平気で新型と入れ替え、古いのはさっさと処分して

「やっぱり新しいのは燃費いいなぁ。」とか

「全然匂いしねぇなぁ」とか

それが現実だったりする。


 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント