花見台のシリンダーからオイル漏れ

シール交換します。

オイルが漏れているだけで、荷台は問題なく動くのですが

日が経つに連れて荷台のスライドの動きがぎくしゃくしてきます。

荷台が下がらなくなっても上がらなくなっても困るので

早めに修理しましょう。

こちらはピストン 交換前

茶色いのがシール 

白いのがバックアップリング
IMG00033_68.jpg






















シールはゴム系なので比較的普通に交換できますが

バックアップリングがプラスチックに近い硬さ。

そのため、硬化しているもの手伝って 外すと変形します。

新品を入れるとき変形しないんだろうか?

テーパー形状に切削してガイドを制作したとしても限界まで広がったら変形する気がする。


やった方が早い。


入れるのはラバーグリスプラス指で入りますが


やはり変形します。






シールを入れれば押して戻るかと思ったら戻らない。

IMG00050_49.jpg




















これは気持ち悪い。


専門家に聞いてみました。


あぁ、バックアップだから多少は・・・・


あ、そんな感じですか? 駄目駄目!全然ダメぇ。 じゃなくて、 まぁこのままでも。的な。





この手の切れ目のないバックアップリングはどうやって入れるのが正しいんですか?


まぁ、温めるとか・・・・ メーカーによっては専用のインサーターもあることがあるんですけど。

ありがとうございます。勉強になりました。


でも このままでは気持ち悪いのでやり直します。





そんなこともあろうかとシールは2台分手配していたのです。
IMG00053_27.jpg























 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています