姐さん、BMW M3 NOS取り付け 2009.3

2019/03/16

アクセル開度が拾えず、エアフロからも考えた。

でも、やっぱりアクセルをバクーンと踏んでON 放してOFFがいい。

アクセルと連動しないでジワーンとされると困る。

実際問題としてはエアフロ全開でONのほうが適正なんだけど、アクセル開度とタコ信号を連動させることで フィーリングと適正機能を両立できる。

SBSH0883_1.jpg


















,NOSメインスイッチ

このスイッチをONにすることでコラム上のMSS(マルチスイッチングシステム)の電源がONになる。

△噴射スイッチ

このスイッチはMSSの設定回転 設定速度 更にアクセル全開条件を満たしたときにのみ噴射される。

だから、アイドリングでは吹けない。

4速全開後のエンジンブレーキ中でタコメーターが6000回転でもアクセルを放していれば噴射されない。

そして、今回の目玉は右上に写っているETC。

カードを差し込まないとNOSは動かない・・・・

そして、一度噴射するごとに400円ずつ請求される。

んなわけないか?

これで車内は基本終了。

あとは助手席側の配線をまとめて、エンジンルームの燃料滲みを修理。

フロントのブレーキパッドを交換して、リアのキャリパー固着確認。

リフトであげたついでに・・・・AF計・・・どうしようかなぁ・・・

エキマニはずしてかぁ・・・

O2センサー代用でいいでしょ?

濃いか薄いかだけ見て 濃い目にして終了します。

ところで,離好ぅ奪繊

電源オンで点灯しようか 電源オフ時に点灯しようか迷いました。

結局、電源オンで点灯。 なぜなら?

眩しいから。

使用しないときに常時点きっ放しだったら邪魔臭いと思いました。

セッティングは夏タイヤにしてからにします。

もうすぐ終わりー。

M3 NOS 関連記事
http://flat.dreamblog.jp/blog/1849.html

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント