姐さん、NOS噴射の様子です。 NOS基本講座

2017/12/15
ニャンコ先生のBMWを拝借して。

NOSが吹く様子を停車した状態で見てみましょう。

ウェットショットなのでガソリンとN2Oを同時に1本のノズル(フォガーノズルorシャークノズル)から噴射します。


目で見るNOS 関連記事
http://flat.dreamblog.jp/blog/1733.html



2014.6.17 更新

かくかくしかじかで液化亜酸化窒素 通称NOS


VENOMの安全弁がなくて捜索中

ここでちょっとメモ

同じ肉厚のホースなら細いほうがバーストしにくい

それは頭で考えればわかるんだけど

鉄製のコンプレッサータンクにナイロンホース8Φが接続されていて安全弁が壊れ

仮に50kg/cm 100kg/cm2 まで圧力が上がり続けた場合

鉄の肉厚にもよるのですが

錆びて薄くなっていたりすると

ホースがバーストしないでタンクがバーストする事実




ホースのバーストならたかが知れてて、パシューッ バタバタバタバタッとそこら変を叩きまくる程度


ただ

タンクのバーストはドカーン! と窓が割れるほどだろう。


それは

1000-20のトラックタイヤがバーストする瞬間を見たことがあれば想像がつく

ゴムのタイヤであれだけの破壊力なんだから鉄の200Lが破裂すれば建物の壁が抜けても全然おかしくない

まぁ 普通のエアーコンプレッサーで50kも上がらないだろうけど

10kで十分破裂する可能性があるのは知っておきたい。

 

 

 

 

宝くじには当たりませんが

 

不慮の事故には簡単に当たるものです。

 

安全装置というものは安全のためについているもので

 

エアーコンプレッサーの安全弁からエア漏れするからって、安全弁を撤去して使ってる人居ませんか?

 

NOSのタンクも同様で

 

安全弁は安全のためにある。

 

満タンにしたNOSタンク

 

1回満タンで約3万

 

夏の暑い日に日陰保存

 

タンクは2本

 

nitroussystem_1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然 バシューッーーーーーー という轟音と共に 物品庫の中は真っ白

 

何事かと思ったらNOSの安全弁が決壊

 

 

 

IMG13543_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが決壊しないと瓶の変形

 

そして最悪の事態が破裂

 

さすがにそこらへんの鉄板を切り抜いて穴を塞ぐ気にはなれない。

 

 

 


 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント