姐さん、押す棒さん 使用例

2018/03/08
突然、エンジンがかからなくなったランサー

一昨日までは普通にかかってたのに・・・

プラグ交換にしろ、燃圧チェックにしろ、外での作業は過酷です

押す棒さんでPITに入れ、暖かい場所で作業しましょう。




注意

押す棒さんは安全上の観点から3名以上での使用をお願いしています。

一人で使用すると万が一車が思わぬ動きをした場合にブレーキがかけらませんので禁止しています。









まずパジェロ(軽でも可)を準備。

ランサーとの接続可能な距離はすぐに感覚がつかめます。

P1000654_1.jpg













押す棒さんを接続して、ランサーの動きを見ながらゆっくりゆっくりバックします。P1000655.jpg














ランサーのステアリングが曲がり始めたら一度降りて補正します。

ゆっくりゆっくりバックP1000656.jpg














今度は押します。

ゆっくりゆっくりP1000657.jpg














かなり鋭角になっても押せます。
(ここまで鋭角にすると傾斜がある場合は車が勝手に下がってしまってにっちもさっちもいかなくなる場合があります。ここらへんが2名以上必要な理由です)
P1000659.jpg













垂直に押すとランサーのリヤだけ横に滑ってしまうので

パジェロの頭を左に振ってから右に押し付ける感じ。P1000660_1.jpg














慣れてくるとピットへの入庫も一発で決まります。P1000662.jpg














もちろん、最初から最後まで押す棒さんは接続したまま。P1000663.jpg














ゆっくりゆっくりP1000664.jpg














リフトの段差もまったく疲れないで超えられます。

大事なのは段差で止まって無理に押し付けないこと。

一度下がって 少しだけ惰性をつけると押す棒さんに負担がかかりません。P1000666.jpg
















お店だったら絶対に1本あって良い商品です。

長さ2.1mなので他のことにも使えます。
















お買い求めはこちら

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント