姐さん、2AZ−FE 水漏れ クーラント 吹き返し インテーク オーバーサイズボルト 修理 補修 空回り

2017/07/12

エスティマ

 

アルファード

 

ハリアー

 

クルーガー

 

等々の2AZエンジンの定番

 

ヘッドボルトインテーク3本の緩み

 

ブロック側がやられて規定トルクがかけられない

 

結果

 

ガスケット抜けの症状になる

 

こうなってしまうとエンジン交換しか道は無いのですが

 

エンジン手配

 

エンジン脱着

 

スモールパーツ

 

油脂類

 

納期

 

リビルトにしても相当な金額がかかります

 

 

 

 

そこで

 

 

 

オーバーサイズ製作しました

 

 

 

IMG01649.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルクル回って全然トルクがかからなかった箇所が

 

しっかりと締まります。

 

 

 

 

2AZ−FEオーバーサイズヘッドボルト発売!

 

 

お求めはこちら

 

 

または 右上の「FLATホームページ」より問い合わせ!

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの場合は

 

「クーラント漏れてるんだけど・・・・・」

 

という症状

 

ラジエターから漏れているのならばラジエター交換で終了

 

これがエンジンのインテーク側(ボンネットを開けて奥側)からもれているとヘッドボルト緩みの疑いが強まります。

 

エンジンの上からは目視できず

 

下から見るとこんな感じ

 

エンジンを伝って クーラントが雫になっています。

 

 

IMG11622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドとブロックの間から漏れますので、通常だと「ヘッドガスケット抜け」だと思われますが

 

実際に2AZでヘッドガスケットが抜けていた車は見たことがなく

 

この症状のすべてはヘッドボルトの緩みによるものです(今のところ)

 

そして

 

この緩みはアルミブロックであることが原因だと推察され、単純に締めても空回りしてトルクがかかりません。

 

通常ならエンジン交換が定番ですが 予算の都合で安く済ませたい場合に

 

「オーバーサイズヘッドボルト」

 

しっかりとトルクがかかり水漏れが止まります。

 

 

IMG11612.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カムをはずしてボルトを交換するだけ。

 

エンジン脱着は・・・・・年式的に・・・・ちょっと・・・・・

 

 

IMG11621.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当の私もヘッドボルトをオーバーサイズに交換して2万キロ以上乗りましたが問題なし。

 

過去に買って頂いたお客様からも再発の報告は受けていません。(2017.7.12現在)

 

水温が上がって オーバーヒートしたような方は必見!

 

エンジンを交換しないで、相当お安く修理できると思います。

 

 

 


 
Comment(3) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
検索窓
QRコード
会社情報
カテゴリー
保存記事
商品ブログ
最新の記事
最新のコメント
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ