苫小牧にも雪が降ったと聞き

早速見に行ってきました。

気が付けば苫小牧ナンバーが走っています。

知らない人はトマコマキと読みます。

正解はトマコマイです。


さて

高級なギアがたくさん並んでいるこちらのお店にお邪魔してきました。



IMG00083_HDR_5.jpg





























なんと 3基待ち!
IMG00085_5.jpg




























他にもエンジンが2基


IMG00082_5.jpg




























作業が早い。


あまり仕事の邪魔をしないように早々に退散しようと思うのですが


面白いものがありすぎて、見るもの触れるもの ついつい気になってしまいます。


ショックもスペシャリストなので色々教えてもらえます。


今回は ピロボールの製作方法を知った時以来の感動がありました。


早速やりたくなるのは私の悪い癖です。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
ただの球切れなのですが

案外大変なのです。

16148555088230.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん 除雪

2021.03.03
昨日と今日は除雪だけでしょうね。

リンダも扉が埋まるのは久しぶりです。

IMG00076_12.jpg




























裏の車から部品を外すとなると

そりゃあもう格闘です。






























IMG00077_HDR_5.jpg




























人力では到底無理


IMG00078_8.jpg




























やっていることは東南アジアチックです


IMG00079_HDR.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
16147501771610.jpg
 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大雪で通行止めになり

 

リンダで足止め

 

開き直ってリンダ篭り

 

春まで納期のキャリパーブラケットを進めましょう

 

お客様依頼の製作なのでブログアップには一応許可を得ます。

 

EK9 325φローター APレーシング4POTキャリパーブラケット製作

 

 

IMG14569.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず装着完了

 

納期は春まであるので

 

時間を見ながらアヤを付けていきます。

 

時間が無ければこのまま納品となります。

 

IMG14570.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
うちにはスベレンチがあるのでどんな車高調が入ってきても大丈夫。

まったく困りません。


IMG00042_21.jpg




























今回の510ブルはリヤもネジ式スペーサー車高調整

ハコスカ ケンメリも同様ですよね。


IMG00052_7.jpg




























どでかいリングも大丈夫なんです。


IMG00053_16.jpg




























さて、車高を上げていきましょう

その前に必ず元の寸法を記載しておきます。


IMG00027_33.jpg



























そして

このショックの全長も控えておきます。

リヤケース長240mm

これを目途にしないとショックがどこまでケースに収まっているのかわからなくて怖い






























IMG00054_12.jpg




























この小さいタイプのロックナットもスベレンチは掴めます。

万能なのです。

そして

リヤは車高が上がり切らないので

反断捨離コーナーから適当なバネを漁ってきます。


IMG00059_9.jpg



























これで一気に50mmアップ


IMG00060_10.jpg




























あしたは流石に除雪だなぁ・・・・・



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
降雪地域での水漏れの原因は恐らく凍結によるパンクでしょう。


IMG00031_32.jpg




























ポンプ付近

から漏れているならほぼ確定


IMG00032_42.jpg




























炸裂する場所によって直せる場合と直せない場合があります。

中に残った水が膨張して黄銅か真鍮か分かりませんが炸裂します。
IMG00041_29.jpg




























こうなるとエンジンと同じで隙間から水がジャンジャン吹き出し、スプレーノズルからはチョロチョロしか出ません。

バイスでプレス

油圧プレスは逆に壊す可能性があります。

ガスで炙りながらゆっくりと絞めていきます
IMG00046_26.jpg




























無理は禁物です。


IMG00049_23.jpg




























ある程度形が戻りましたら

本来はガスでロウ付けですが

今回はTIGで誤魔化しながらロウ付け風味で行きます。

一度 だましてから 開先をとり さらに騙します。
IMG00061_13.jpg



























頑張ると亜鉛がスパークしてやけどするので その手前で我慢します。
IMG00067_16.jpg




























1ウェイバルブのアタリ面は最後に仕上げるので多めに盛っておきます。



IMG00068_11.jpg




























粗削りしてから 


IMG00071_7.jpg



























穴を成型します。


IMG00073_HDR_1.jpg



























大丈夫でしょう。


IMG00074_HDR_3.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
北海道で10年も乗れば下廻りは錆錆で当然。

でも

こまめにシャシーブラックすればこの通り

平成17年車のアルファード

16年経ってもこの感じ

錆少ないですよね。


IMG00023_28.jpg




























トヨタが凄いってこともあるんですけど。

穴が開いてくると車検通らなくなりますからね。


IMG00025_38.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
10637件中(1件〜8件を表示しています)   前   |