姐さん L型エンジン クラッチフォーク

2020/03/09
反断捨離ですが

整理整頓はするのです。

出てきた出てきた山親父

草の葉担いで 鮭背負って

スキーに乗った山親父♪

センシューアーンの山親父ぃ🎵

フォークが3本

IMG00034_25.jpg













ピボット3個

一番左は新品です。今回のニャンコ先生用。



 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん ニャンコ先生 エンジン搭載

2020/03/09
色々と一段落しまして

このタイミングでエンジンを乗せましょう

IMG00002_53.jpg













エンジンクレーンのシリンダーがやられてきて

ストローク10に対して1しか上がらない

俗に言う「抜けてる」スタイル

ジャッキオイルを足して誤魔化すものの

一回上げたら もう上がらない・・・

そんな状況でなんとかコアサポートの上まで上がり

エンジンルームに収める

ミッションにはめる瞬間にノックピンが残っていることに気が付く

一度エンジンを降ろそうにも、もうシリンダーが上がらない。

つまり このままエンジンがある状態でノックピンを抜かなくてはならない

そしてこのノックピンが全然抜けてくれない

炙っても叩いてもくすぐっても抜けない。

急がば回れで溶接

また1本メガネが無くなった・・・・


IMG00005_41.jpg













またエンジンクレーンのシリンダー交換しないとダメだ

なんかマブイのないですかねぇ



 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、DR30 ドライブシャフトブーツ

2019/11/02

純正廃盤のDR30ドライブシャフトブーツ

P1020955.jpg














P1020956.jpg














P1020958.jpg













P1020959.jpg




























 

P1050939.jpg












P1050940.jpg
















インナーは赤矢印のところで古いブーツをカットして

新しいブーツを青矢印のところでバンドを締めます。


InkedIMG00017_LI.jpg













そのままバンドを締めても外れませんが

旋盤で溝を入れるとか

ベルトサンダーで段差をつけるとか

ペンチで少し返しをつけるとか

お試しください。

ジャパンやローレルも同じサイズです。



 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん L型用 6連スロットル TWM 50φ 

2019/10/08
準備が始まりました。

S130 Lメカ6連スロットル


スロポジはグレー

IMG00010_19.jpg













56002 LH 通称グレー
IMG00014_27.jpg













毎回このスロポジは LかRかで問題になります。

電話で注文するのが難しいのです。

それでも

ほとんどの職人さんは口頭で攻めてきます。

スロットルに向かって左側につくしょ。スロットル開けたら時計回りに回転するほうさ。





スロットルに向かって左・・・・ どっちから見てるんだろう・・・

時計回り・・・・ どっちから見て・・・時計回り・・・・


あの、L型だったら助手席からファンネルを見て左側につくやつですか?


ファンネル? そんなのついてないって。


いや、今はついてないかもしれませんけど・・・


だからスロットルの左側だって!

いやあの、スロットルの左って言われましても・・・・



写真のスロポジは品番56002 LHグレー


もう一つは 56001 RH ブラック

穴貫通させればどちらでも使えますけどね。





 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、ウェーバー50 エアクリーナー エアークリーナー

2019/06/14
ウェーバー45やソレックス44だとそのままつくのですが

ウェーバー50だとボルト間ピッチが若干合わない。

ガスケットで説明すると矢印の黒塗りの部分だけ削る必要があります。

InkedIMG00008_LI.jpg














本当にミリの世界なのですが

削らないと入りません

IMG00006_Burst01.jpg













ガスケット同様にクリーナーの皿も削って装着します。

IMG00011_25.jpg














車検も街乗りもクリーナーは必須です。

全開時に道路の小石を吸ったりするのは普通の出来事で、

エンジンルームの緩んだボルトやナットも全開時に運が悪ければ吸い込みます。

特に

ファンネルを固定しているワッシャーやナットは緩んでも吸い込まないように装着されていますが

自分でクリーナーに適当な加工をして吸い込むパターンは注意です。

クリーナーボックスの内側にナットを装着するのはやばいです。

ネジロックしてでも怖い。


本番はファンネルですね



IMG00002_27.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


150件中(1件〜5件を表示しています)   前   |  
BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント