天気予報を見ていなかったので、午後から雨だとは知らず

 

ジャンジャン雨が降る中で240vのバッテリー降ろし

 

感電したらまぁまぁ痛いでしょうねぇ

 

 

IMG11517.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日 恵庭で交換

 

エンジン始動!

 

あら・・・・

 

警告灯が消えない・・・

 

一度バッテリーをはずしているのに・・・

 

IMG11522.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッドモニターも動いてない・・・・

 

つまり

 

症状が変わってない・・・

 

IMG11523.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーじゃなかったのか?

 

いや、そんなはずはない。症状からバッテリーしかない。

 

暫らくエンジンをかけっぱなしにしてバッテリーが充電されるのを待ち

 

それからもう一度バッテリーをはずして暫らく待つ

 

始動!

 

消えた。

 

ハイブリッドモニターも復活

 

IMG11527.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで乗りながら暫らく様子を見ます。

 

降ろしたバッテリーの検証

 

IMG11558.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8Vのバッテリーが30個で240V

 

どれか1個でもぐずると235vとか230vとか これでNGがでます

 

 

 

IMG11562.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

ATH10Wのハイブリッドバッテリー純正品番はG9280−58010

 

IMG11565.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ATH10Wとはこのかたちです

 

IMG11566.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし

 

CVTやジェネレーターが逝くと・・・ちょっと深いです。

 

 

バッテリー セル 分解

 

 

IMG11812.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8Vのセルが30個で240V

 

このセルは2個ずつ電圧を監視されている

 

どれかひとつでもエラーを起こして6.5Vになると

 

ハイブリッド警告灯が点灯するのだろう

 

恐らくこのオレンジカプラーが監視用

 

 

 

IMG11809.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッドバッテリーは全てのセルが一気に駄目になることは考えにくい

 

30個全ての電圧を測ったら1個だけ6.5V発見

 

恐らく、この1個を8Vと交換すればよいのだろう

 

この感じだと 29個で誤魔化すのは無理っぽい。

 

 

IMG11817.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.9.25更新

 

このアルファードの前は AHR10エスティマに乗っていたのですが

 

このハイブリッドというのは完全放電するとジャンプしてもひっくり返ってもエンジンの始動ができない

 

メインバッテリーの電圧低下を確認してエンジンを始動してくれないのだ。

 

だから

 

普通どおりに「ジャンプして移動」というのができない。

 

 

押す棒さんが必須なのである。

 

 

充電しようにも240Vの充電器はトヨタにしかなく、貸してくれるわけが無い。

 

そこで

 

なんとか充電できないものか?

 

そうだ!

 

1セル8Vなんだから24Vで3個づつ・・・・

 

こうである

 

IMG12425.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボッシュの充電器 C7なら24V充電できるのだ。

 

 

 

IMG12426.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルは30個あるから

 

10個 10個 10個で 繋げば充電できそうだ。

 

 



ヤフオク

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
黄色のブレーキマーク警告灯点灯

コードC1377

キャパシタ異常
IMG00046_HDR_11.jpg
















キャパシタとは ブレーキコントロールパワーサプライ

ブレーキの力をコントロールしているものである。


整備書によると


リヤシートを外して内張を外して、その奥にあることになっている。



しかし



コンセントのカバーを外したらあった。




IMG00032_54.jpg


















なるほど

ステーと内張が邪魔で、そのままでは外れない。



IMG00033_HDR_10.jpg

















でも大丈夫

グンニャリ曲げます。






IMG00035_36.jpg

















そしてFLATの真骨頂

もう一台のアルファードが登場します。

黄色のブレーキ警告灯が点灯しているのは白アルファード


そこからユニットを外してシルバーのアルファードに装着します。


すると


シルバーアルファードが黄色のブレーキ警告灯点灯。


NGはこのユニットで間違いないでしょう。





IMG00036_36.jpg

















ちなみに

白アルファードはイグニッションONからREADYまで黄色ブレーキ警告灯が消えることはありませんでしが


このユニットを外したままだとREADYになって数秒間消灯したあと点灯するようになります。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
インバーター温度異常

心当たりがある。

以前、インバーター冷却ポンプの漏れを発見したときに

応急で漏れ止めを入れたのです。

その後ポンプを交換したのですが

漏れ止めは高い確率で悪戯をします。


IMG00038_HDR_13.jpg

















漏れている場所に粒状のものが詰まって漏れを止めるのですが

細管に詰まったりもするわけです。

念入りに洗浄してみます。





IMG00037_40.jpg



















あ、Sさん。





IMG00035_35.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
IMG00011_86.jpg
















故障診断

C1377

キャパシタ異常


キャパシタ・・・

意外に深いなぁ








 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
シフトレバーの裏のほうから聞こえてくる異音
カタカタ
コトコト
ガコガコ
ガガッ ジジッ
カカカッ
ジジッ
室温調整すると一瞬止まるものの しばらくするとまた鳴り出す。
エアコンを止めてもこの異音は止まらない。
それでも
室温調整に反応はしているからエアコン、ヒーター系に間違いない。
犯人は サイドブレーキ奥に見えるモーター
InkedIMG00087_HDR_LI.jpg
通常の動きはこんな感じ

何が原因で非行に走ってしまったのか?
環境か? 自己表現か? 
確認してみましょう
IMG00088.jpg
なるほど
毎日毎日同じことの繰り返しで嫌になったんですね
心が擦り切れています
IMG00090.jpg
接点不良となり ジッカジカ ゴッコジッコ 行ったり来たり
交換は約1時間です





2019年5月に交換して

2021年7月 また同じ症状

ハイブリッドだけに停車時無音の中でのジコジココッコッコジコ は気になる。


2022.6.27更新

約1年我慢して

遂にまた交換します。
IMG00008_83.jpg














異音はピタリと止まりまして

異音していた現品を開けます。

あら

今回は擦り切れてはいない。IMG00010_57.jpg











むむむ?

グリスを拭き取りまして

テスターで抵抗を見ます。
IMG00005_HDR_25.jpg











これホットとコールドの風を切り替えしているモーターでして

オートエアコンだと風量と別に温度で動いているんです。

どうやらこの黒い接点の部分が抵抗になっていて

距離が短くなるのと長くなるので温度の決定という事なのでしょう。

黒い帯の上をテスター棒でゆっくりとなぞっていくと 怪しい部分で突然抵抗値が下がります。

ウォームギアでゆっくり動いていたら突然抵抗値が変わり逆転

元の場所まで戻りゆっくり動いていて また抵抗値が変わり逆転

その繰り返しで ジコジコ ガッコガッコ音がするのでしょう。

ちなみに

応急的にはモーターのコネクターを抜けば異音は止まります。

ただ

抜いた時点での吹き出し温度で固定されるので

温度調整はできなくなります。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
本日 診断機を繋ぎまして

P3125 インバーター異常

P3130 インバーター冷却異常

C1241 電圧低下

B2780 イモビライザー


エラーコードを消去しまして

正常になりました。


考えてみればエアコンを入れて長時間停車した後に 警告灯が点灯する

過去3回 全て同条件

電気的負荷をかけないで走行していれば問題なさそうです。

ただ

間違いなく正常ではない。ということです。

ちなみにインバーターは50万します。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
かくかくしかじかで

本来はリンダガレージを徹底的に片付ける予定だったのですが

予定は未定

それも人生です。

先週と今週は実にバタバタしております。

以前にも書きましたが

予見できていれば何もびびらないのです

現実は予見できないことが起こるから焦ります。

さて

バタバタの一つであります アルファードの警告灯点灯

5月7日に点灯して 後日勝手に消灯したので おそらくハイブリッドバッテリーの電圧の低下だったのではないかと推測し、そのままにしました。

何日かしてまた点灯 その後日また消灯したので これまた放置

警告灯って一度点灯したら勝手に消灯することは少ないので 大した問題ではないと判断しました。


そして

本日また点灯

今日は暑い

かくかくしかじかでエアコンを入れて外で待機します。

あれ

室内循環のスイッチが利かない・・・・

内気循環から外気循環に変わらない。

ん?

あら?

エアコン効いてない・・・・ さっきまで効いてたのに・・・

ん?

暑い。

エアミックスダンパーの暴走は事実としても

エアコンか効いてないのは話が別だ。

これはまずい

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然、笛を吹いたような甲高い警告音が鳴り始めた


なんだなんだ?

あきらかに警告だ。

エンジン止まるな。

=動けなくなる。

今のうちにレッカーしやすい位置まで動こう。

ドライブに入れて

動いた

リバース

大丈夫

警告音は鳴りやまない

ピーーーーーーーーーーーーーーーー


決断の時

会社にはローダーがある。約20キロ 比較的交通量は多い。

リンダにはジムニーがある。約10キロ 交通量は少ない。

嫁を迎えに行く都合もある。

よし

リンダでジムニーに乗り換えよう

警告灯が鳴ったまま道路に出て路肩に停車してエンジンを停止する。

緊張の一瞬

再始動

かかった!

READY 点灯

警告音なし。

警告灯は点灯している。


よし 行けるな。

リンダガレージまで行ければ あとは何とかなる。

あともう少しで着く


IMG00009_HDR_15.jpg










おぉ オレンジのブレーキとVSCも点灯した

でも もうすぐだ

がんばれ!


ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ウォー!! あと500mmぐらいななのに! 警告音が鳴りだした


そういえばこの場所は今年の冬に遭難して動けなくなった場所だ。


うぅぅ 何だ! ブレーキランプまで点灯した!


絶対に停まる‥‥でも  

絶対に停まるな!
IMG00010_HDR_20.jpg











ふぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんとか着いた。

ジムニーが輝かしく見える。
IMG00168_2.jpg












ジムニーのエアコンも効かない。

いや

エンジンが止まらないだけで立派だ。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
おはようございます。

そろそろ暖かくなってきましたね。

寒い時期にできなかった外の仕事をやりたくなるのですが

その前の仕事があります。

しかし

さらにその前に勝負しなくてはならないのが私の車

10アルファードハイブリッド

本来は一番後回しですが

移動できないとなると話は別です。
IMG00031_HDR_9.jpg
















とりあえずエンジンは始動できますし

走行もできる

しかし

ハイブリッドシステムは動いている気配がなく

動力はガソリンのみだと思われます。

このパターンはインバーターとかコンバーターとかではなくて

ハイブリッドバッテリーがダメになったのではないかと推測します。

まずはリンダガレージまで辿り着けるか否かが本日のテーマとなります。

と いうことで

今日も元気に行って見よーっ!

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
先日のエンジンチェックランプ点灯

エンジンを再始動すると消灯するものの。距離で10キロ20キロ走るとまた点灯

再始動すると消灯

故障診断
IMG00037_36.jpg


















コードP0171

リーン異常
IMG00040_30.jpg
















さて

ここからが問題

先日 O₂センサーを中古で交換したのが原因なのか

実際にリーンであるならばインジェクターやポンプの可能性もありえる
IMG00039_30.jpg
















念の為 センサーを交換する前にプラグは確認しなくてはならない

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
犯人はO2センサー

触媒の上か下かわからないので

とりあえず下を交換します。

交換といってもカプラーだけ

実際に交換はしません


16377370309571.jpg





イグニッションON

チェックランプ消えず。


次は触媒上のO2センサーと差し替えます。


イグニッションON

 チェックランプ消灯


センサー本体を交換して終了。

うちにはスペアがあるのです。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
65件中(1件〜10件を表示しています)   前   |