姐さん アルファードハイブリッド CVT 分解 異音 走行不能

2019/03/18

最初に言っておきますが

 

私の車ではありません。

 

 

 

 

何年か前にミッションから異音がしていたアルファードハイブリッド

 

そのコトコト カラカラ という異音から約1週間で走行不能になった。

 

そのときハイブリッドエラーは点いていなかった。

 

その後もエラーは点かず、ただただ走行不能。

 

リンダガレージで約1年過ごし

 

そのうちそのうちと言いながら

 

とても手をつける暇は無い。

 

早くしないとアルファードが土に返っていってしまう・・・

 

よし

 

外注しよう

 

 

 

そして

 

 

 

降ろされたCVT

 

 

IMG00002_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は

 

エスティマハイブリッドに乗っている頃から気になっていたのです。

 

ミッションの中にモーターがあるのか?どんなカタチしてるのか?

 

オイルに浸かっているのか?

 

セルモーターは無く、モーターで始動しているんだから・・・・

 

まずはオレンジの線が繋がっているいかにもモーターらしいものをはずします

 

 あれ? 

 

オイルポンプなの・・・・・

 

IMG00016_9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギヤが入っていると思われるセクションの前に

 

オイルパンを外さないと ばれない

 

パカッ

 

ああぁ!!

 

 

 

 

IMG00017_8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど なるほど

 

そういうことか

 

 

IMG00018_HDR_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンが切れたんですね

 

IMG00023_HDR_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは動かないわ。

 

 

 

そして

 

モーターは何所に?

 

 

IMG00020_HDR_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局

 

トルコンの裏側にて発見

 

しかし

 

モーターと言うより

 

電気誘導装置・・・

 

コンプレッサーとかリヤデフのモーターを想像していたから少々驚き。

 

暇を見て 200V流します。

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、アルファードハイブリッド ATH10 CVT交換

2019/03/11

このアルファードは私が乗っていたアルファードでは有りません。

 

色も形もまったく同じですが 異なる車です。

 

CVTがトラブっており、ドライブに入れてもリバースに入れても一切動きません。

 

なので

 

移動はオスボウサン

 

 

IMG00069.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、引っ張るだけなら牽引ロープで良いのですが

 

押す棒さんは 押すこともできるので

 

切り返しが可能。

 

 

 

そして

 

バンパーから出ているタイプの牽引フックに対応するのが

 

バンパーフック専用アダプター

 

 

IMG00070_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準装備のアイボルトから この専用アダプターに交換することで アルファードも大丈夫。

 

 

IMG00073.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまや 整備業界では完全に必需品です。

 

 

IMG00074_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適当なところまで引っ張り出したら あとはローダーウィンチで積載します。

 

 

IMG00001_HDR_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CVT交換も自分でやろうと思いましたが

 

一冬放置してしまった事実

 

今年もピットに入れそうに無い予感

 

旅立ちます。

 

 

 

 

2019.3.11更新

 

 

自分でやるなら仕事の合間を見て 1日1時間か2時間できるか否か

 

その間 リフトを占領して何週間も 他の作業が滞る。

 

自分でやればお金はかからないけど

 

トータルで考えたら頼んだほうが合理的だ。

 

やはり

 

頼めば早い。

 

そしてちゃっちゃとやってくれるのがありがたい。

 

 

 

 

IMG00024_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのお店は四の五の言わない。

 

「いいからとっとと持ってこい!」ぐらいの勢いだ。

 

 

IMG00025_8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なのはやる気と健康。 そのバランス。

 

あとオイル入れて終わりですって。

 

早いわぁ。

 

ハイブリッドのCVT交換もお任せ。

 

 

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、2AZ−FE 水漏れ クーラント 吹き返し インテーク オーバーサイズボルト 修理 補修 空回り アルファード エスティマ ハリアー クルーガー

2018/08/30

エスティマ

 

アルファード

 

ハリアー

 

クルーガー

 

等々の2AZエンジンの定番

 

ヘッドボルトインテーク3本の緩み

 

ブロック側がやられて規定トルクがかけられない

 

結果

 

ガスケット抜けの症状になる

 

こうなってしまうとエンジン交換しか道は無いのですが

 

エンジン手配

 

エンジン脱着

 

スモールパーツ

 

油脂類

 

納期

 

リビルトにしても相当な金額がかかります

 

 

 

 

そこで

 

 

 

オーバーサイズ製作しました

 

 

 

IMG01649.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルクル回って全然トルクがかからなかった箇所が

 

しっかりと締まります。

 

 

 

 

2AZ−FEオーバーサイズヘッドボルト発売!

 

 

お求めはこちら

 

 

または 右上の「FLATホームページ」より問い合わせ!

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの場合は

 

「クーラント漏れてるんだけど・・・・・」

 

という症状

 

ラジエターから漏れているのならばラジエター交換で終了

 

これがエンジンのインテーク側(ボンネットを開けて奥側)からもれているとヘッドボルト緩みの疑いが強まります。

 

エンジンの上からは目視できず

 

下から見るとこんな感じ

 

エンジンを伝って クーラントが雫になっています。

 

 

IMG11622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドとブロックの間から漏れますので、通常だと「ヘッドガスケット抜け」だと思われますが

 

実際に2AZでヘッドガスケットが抜けていた車は見たことがなく

 

この症状のすべてはヘッドボルトの緩みによるものです(今のところ)

 

そして

 

この緩みはアルミブロックであることが原因だと推察され、単純に締めても空回りしてトルクがかかりません。

 

通常ならエンジン交換が定番ですが 予算の都合で安く済ませたい場合に

 

「オーバーサイズヘッドボルト」

 

しっかりとトルクがかかり水漏れが止まります。

 

 

IMG11612.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カムをはずしてボルトを交換するだけ。

 

エンジン脱着は・・・・・年式的に・・・・ちょっと・・・・・

 

 

IMG11621.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当の私もヘッドボルトをオーバーサイズに交換して2万キロ以上乗りましたが問題なし。

 

過去に買って頂いたお客様からも再発の報告は受けていません。(2017.7.12現在)

 

水温が上がって オーバーヒートしたような方は必見!

 

エンジンを交換しないで、相当お安く修理できると思います。

 

 

ちなみに

 

1AZも同じサイズです。

 

 


 
Comment(3) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、ATH10 ハイブリッドバッテリーのセル

2018/05/17

ATH10のハイブリッドバッテリーは8Vのバッテリーが30個直列に配線されて240V

 

かくかくしかじかで重量を計ったら1.04kg

 

30個で約30kg

 

IMG15307.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルの詳細は過去記事

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん ATH10W ハイブリッドバッテリー 交換 修理 2 充電 充電器

2017/12/01

天気予報を見ていなかったので、午後から雨だとは知らず

 

ジャンジャン雨が降る中で240vのバッテリー降ろし

 

感電したらまぁまぁ痛いでしょうねぇ

 

 

IMG11517.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日 恵庭で交換

 

エンジン始動!

 

あら・・・・

 

警告灯が消えない・・・

 

一度バッテリーをはずしているのに・・・

 

IMG11522.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッドモニターも動いてない・・・・

 

つまり

 

症状が変わってない・・・

 

IMG11523.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーじゃなかったのか?

 

いや、そんなはずはない。症状からバッテリーしかない。

 

暫らくエンジンをかけっぱなしにしてバッテリーが充電されるのを待ち

 

それからもう一度バッテリーをはずして暫らく待つ

 

始動!

 

消えた。

 

ハイブリッドモニターも復活

 

IMG11527.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで乗りながら暫らく様子を見ます。

 

降ろしたバッテリーの検証

 

IMG11558.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8Vのバッテリーが30個で240V

 

どれか1個でもぐずると235vとか230vとか これでNGがでます

 

 

 

IMG11562.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

ATH10Wのハイブリッドバッテリー純正品番はG9280−58010

 

IMG11565.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ATH10Wとはこのかたちです

 

IMG11566.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし

 

CVTやジェネレーターが逝くと・・・ちょっと深いです。

 

 

バッテリー セル 分解

 

 

IMG11812.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8Vのセルが30個で240V

 

このセルは2個ずつ電圧を監視されている

 

どれかひとつでもエラーを起こして6.5Vになると

 

ハイブリッド警告灯が点灯するのだろう

 

恐らくこのオレンジカプラーが監視用

 

 

 

IMG11809.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッドバッテリーは全てのセルが一気に駄目になることは考えにくい

 

30個全ての電圧を測ったら1個だけ6.5V発見

 

恐らく、この1個を8Vと交換すればよいのだろう

 

この感じだと 29個で誤魔化すのは無理っぽい。

 

 

IMG11817.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.9.25更新

 

このアルファードの前は AHR10エスティマに乗っていたのですが

 

このハイブリッドというのは完全放電するとジャンプしてもひっくり返ってもエンジンの始動ができない

 

メインバッテリーの電圧低下を確認してエンジンを始動してくれないのだ。

 

だから

 

普通どおりに「ジャンプして移動」というのができない。

 

 

押す棒さんが必須なのである。

 

 

充電しようにも240Vの充電器はトヨタにしかなく、貸してくれるわけが無い。

 

そこで

 

なんとか充電できないものか?

 

そうだ!

 

1セル8Vなんだから24Vで3個づつ・・・・

 

こうである

 

IMG12425.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボッシュの充電器 C7なら24V充電できるのだ。

 

 

 

IMG12426.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルは30個あるから

 

10個 10個 10個で 繋げば充電できそうだ。

 

 



ヤフオク

 
Comment(3) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


35件中(1件〜5件を表示しています)   前   |  
BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント