ちょっとどんな風になるのか気になって・・・

合わせてみましたよ。

レクサスLS用 21インチ

ホイールのスポークの間から見えるのはローターじゃありません。

純正ホイールです。
SBSH2145.jpg



















もし僕がドレスアップ系のお店をやっていたらインナーをかっさばいてでも入れますね。
SBSH2144.jpg


















ハンドルを切るためにはフレームまで切る必要があると思います。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
北海道で10ハイブリッドに乗っていれば必ずこう思うだろう。

どうしてタコメーターがないんだ?
(ハイブリッドだからだ)

どうして水温計がないんだ?
(必要ないからだ)


モニターではエンジンがかかって無くても、実際にはかかってることってかなりあるんです。

実際に走行していると、ヒーターファンの音や、パターンノイズでわからなかったりします。

SBSH2701.jpg


















最近、18万キロを目前にしてCVTが滑っているエスティマですが、まさか発進で2500回転まで滑っているとは・・・・

これが3000まですべるようになったらかなりやばい。

でも、このメーターが指標になります。
SBSH2702.jpg


















ちょっとした加工でハイブリッド用になります。
http://flat.dreamblog.jp/blog/1711.html

ちなみにこのインテリジェントメーターはOBDに指すだけなので非常に簡単取り付け。

エアフロ電圧やO2電圧、インジェクター開度まで見れるので簡単な故障診断にも使えるんです。

OBDコネクターとOBD競灰優ターを用意しているのでお客さんのところで活躍したりもします。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
ガクガクガクッ! ウィーガクッ ブィーンガクッ!

あ・・・・また失火したか・・・

もう慣れたものなのです。

2番のプラグが飛ばなくなるのは。

バッテリーレベル1

全然スピード出ません。

車内には異常燃焼でマフラーの焼けた匂いが漂います。

あまり無理して走るとO2センサーや触媒が溶けるので少し休みながら駐車できるところを探します。

コーチャンフォー様 5分ほど場所を貸してください。P1010419.jpg














1番と2番のプラグを入れ替えればそれで・・・

あら?

1番も真っ黒・・・・

1番もお休みに・・・・

となると・・・・

3番のプラグを2番へ

1番のプラグを3番へ

準備してある新品プラグを1番へ

なんとか5月の車検までガンバレ!

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
走行距離が20万キロを超え

2番プラグだけ早期交換部品。

何故ならオイル消費してるから。

おそらくリング磨耗による吹き抜け。

近々、圧縮測定します。


そんなご老体のエスティマ君に更なる悲劇

左カーブのときにゴーッっと音がする。

気のせいか?

わざとに左へ旋回する。

ゴーーーーッ

その音はブレーキパッドが無くなったときのような音。

はて?パッドなくなったか?

どれ?SBSH0496_4.jpg














いや・・・・パッドは問題ない。

ドラシャ?

くるくる回してみる。

なんか・・・・・デフから聞こえる 

コーッっと小さく・・・・
SBSH0497_3.jpg














んーーーーー わしゃぁ絶対に乗り換えん!



2012.10.16更新

メーター23万キロ

上のゴーという異音を抱えながら約3万キロ走行

確かに左カーブの時にだけ聞こえる異音は轟音に変わりつつあった。

しかし

普通に乗れていた。

それが土曜日

搬送車を借りに行く途中

ハンドルが左右に振られる。

まるでタイヤの中に水が入っているような グワングワンする感じ。

ハンドルから手を離すと右、左、右、左と交互に勝手に動いている

明らかにおかしい。

タイロッドか?

しかし、時間が無いので月曜日まで放置

Sチャレが終わり、林田から家まで移動。

外は雨。

雨でもグワングワンは止まらない。

月曜日の朝

家から林田へ移動

天気は晴れ

左右の振れがハンパない。

危険なレベルだ。

流石に降りてナットを確認する。

緩んではいない。

ゆっくり林田まで移動してリフトアップ

あらららららららら

左前輪グーラグラ
SBSH2404_1.jpg













ある程度は無視する私でも とてもじゃないけど乗れないレベル。

イメージで言うと、ナットを5本とも3回転ぐらい緩めた感じ

グーラグラ

さてどーする?

月曜日の朝。

CVTが逝ったらプレサージュの車検を取るけれども・・・・

ハブでわざわざ車検を取るか?

ここはリンダ工場

部品は今日入らない。

FLATへなら今日入るけど、そこまでこのエスティマを乗っていく勇気はない。



よし

稲葉さんのところに頼もう。

北広島なら何とか頑張れるし、クイックもやってくれる。

結局、代車も貸してもらい

昼に預けて夜に完成。

このサービスは嬉しい。


そろそろプレサージュの車検とっておいたほうがいいのかなぁ。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
一人ではもてないので恐らく80kgから100kgぐらいと思われる横型フライスSBSH2233_4.jpg














このような重たいものはヤマトや佐川と違い、〇〇物流や、〇〇運輸に頼まなくてはならない。

なぜかは知らないが、この手の重量物を運ぶ運送会社はびっくりするぐらいレスポンスが悪い。

特に、リンダ工場のような田舎だと集荷を待っていたらその日に来るかどうかも不安だ。

だから、無理してでも積んで持っていく。

23万キロのエスティマ君には本当に感謝しています。

積み終わると同時に雨。

しかも土砂降り。

ついてます。SBSH2234_6.jpg

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ハイブリッドじゃなくても2AZはオイルが減ります。

そして

私のエスティマは2番の圧縮が落ちています。

しかし

圧縮が落ちてから何万キロも走っています。

オイルは2週間に一度1L給油します。

ただ

本日ゲージを見るとオイルがついてない・・・・・

恐る恐る1L入れると、ゲージの先端にちょっとだけ・・・・・

まじか。。。。。

結局フルゲージまで2.5L入りました。

エレメント交換なしでオイルは4Lはいりますから

本日まで1.5Lで走っていたと言う現実。

SBSH1800_3.jpg














今年の冬は越せないかなぁ・・・・

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

一度もバッテリーを交換してないエスティマハイブリッド

距離は21万キロ。

そろそろ限界が近づいているらしい。

今年は無理やり雪道を特攻することが多く、リヤモーターに随分と負担をかけた。

今日も厚く固まった雪の層がカキ氷のように溶け始め、埋まりかけた。

リヤ駆動はモーターのみなので脱出にかかる電力は通常の発進アシストの比ではない。

なので ゆっくりと パワーをかけずに脱出を試みるがラチがあかない。

しょうがないので左足でブレーキを踏み右足でアクセルをあける。

おりゃぁー!

っと脱出できた途端

パカッ!

SBSH0341_2.jpg














うぉ!カメマークは初だ。

たしかカメマークが点灯したときの対処法はこうだ。





あなたはカメです。ノロノロとしか動けません。そのままノロノロとお近くのトヨタへ。





バッテリーレベルが1まで下がってる。SBSH0340_2.jpg















なるほど、今のでバッテリーがなくなったわけだな。

ということは

ジェネレーターが生きている限り走れば充電されるだろうに

あえて、エンジンを切らずにカメマークのまま走行してみる。

ほう、普通に走るじゃないの。

約2kmほど走って レベル3まで回復。

ただし

間違いなくレベル2、レベル1になる回数が増えている。

そろそろバッテリーの限界なのかもしれない。

限界を見るまで変えない勇気。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
まぁそんなわけでスペアプラグを積んでおきましょう。

えーっとAHR10WはIFR6A11だから・・・・IRIWAYだな。

ということは

1JZ、SR20、B16なんかと共通だ。SBSH0296_4.jpg
















エスティマに8番は辛いけど、緊急用には丁度いい。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
56件中(1件〜8件を表示しています)   前   |