姐さん 廃油ストーブ アーリーテック編

2019/12/06
あら?ストーブ変わりましたね?

あぁ、薪から廃油に。


IMG00078_3.jpg















これ、ブロワーファン付きなのに自然吸気の穴もあるんですね。


あぁ、山口さんの真似したんです。


えぇえぇ・・・・・



IMG00079_8.jpg














超コンパクトスタイルで

天井が低ければこれで十分ですね。


IMG00077_HDR_1.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、自然吸気 廃油ストーブの作り方 製作方法 図解 組み立てキット

2019/10/30

自然吸気の廃油ストーブ

 

姐さんストーブ

 

自然吸気は煙突が燃焼室になるので。苅蹌蹐瞭厚パイプを使用しています。

 

販売している組み立てキットはこちら

 

cby26560pop01-img600x450-1514442325rd3jnk9008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に用意するのはガスボンベとM8のボルトナット

 

必要な工具はグラインダーと溶接機

 

それでは早速製作しましょう

 

 

通常は不要になったガスボンベを使用することが多いですが、エアーコンプレッサーのタンクでも可。

 

△底板になりますのでタンクの直径が30cmぐらいまでなら大丈夫です。

 

今回はミニエアーコンプレッサーのタンクを使用します。

 

グラインダーもしくはプラズマでカットします。

 

 

IMG13854_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に,留貽佑鯀着できるように穴を開けます。

 

煙突外径は101φですので適当なもので印をつけます。

 

IMG13858_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この際、101φより大きな穴にすると煙突が中に落ちて、溶接しにくくなるので

 

100φ以下で穴開けしましょう。

 

IMG13859.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切開部分は煤が溜まりやすくなるので極力綺麗に仕上げたほうがよろしいでしょう。

 

 

IMG13864.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に

 

イ粒搔きだし口部分をカットします

 

IMG13877.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このとき、逆向きにも付いてしまうので要注意

 

辺の長いほうが上面(蓋側)

 

短いほうがタンク面(側面)です。

 

IMG13888.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレを間違えて切ってしまうとこうなります。

 

 

IMG13887.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとかしようと思わずに

 

自分の間違いを素直に認め

 

とっとと切断した端材をカットして修繕に勤めましょう

 

IMG13889.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは何もなっかたかのように すましてその場を凌ぎましょう

 

IMG13890.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでイ粒搔きだし口を仮留めします

 

IMG13891.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い離疋螢佞離劵殴廛譟璽箸魏称韻瓩靴泙后

 

この際 Г粒犬閉まるように上面はフラットに仕上げます

 

IMG13892.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Г粒犬鮠茲擦討澆胴腓じを確認します。

 

このとき隙間が無い事を確認してください。 

 

IMG13895.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーの固定

 

開閉用のステーは固定位置が決まっています。

 

ボルト穴を赤線よりもタンク側に寄せて固定します。

 

IMG13906.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このステーを適当に溶接するとΔ離丱奪ファイヤー防止板が装着できなくなるのです。

 

 

 

 

IMG13908.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Δ離丱奪ファイヤー防止板は吸入空気孔を塞がないように、だいたいこの位置で固定します。

 

IMG13911.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋Г鯤弔瓩燭箸にコ搔きだし口との隙間が5mmから6mmぐらいになって正解です。

 

IMG13910.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

┐龍気量調整プレートを適当なボルトナットで固定します。

 

蓋がスムーズに開閉すること

 

空気量の調整がスムーズにできること

 

を確認して全ての本溶接をします。

 

 

 

 

IMG13916.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙突を溶接

 

 

IMG13920.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋の開閉には適当なステーを溶接しておくと後々便利です。

 

水を入れて漏れが無いか確認ます

 

問題なければ廃油を入れて着火します。

 

 

IMG13927.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエスを入れ

 

IMG13928.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灯油をかけ

 

IMG13929.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着火

 

IMG13930.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは放置しておけば10分から15分ぐらいで煙突が暖まり

 

どんどん調子に乗ってきます。

 

最初はタンクの塗装が焼けるのでなかなかの煙がでます。

 

IMG13935.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定してくると煙は少なくなります

 

IMG13940.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく電気を使いません

 

廃油処理にも便利

 

天ぷら油もブレーキオイルもじゃんじゃん燃えます。

 

 

IMG13960.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点火時と消火時は煙が出ますので屋外や、大きな工場等にお勧めです。

 

工場でも煙突は必要になります。

 

 

SBSH1992_2_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用するオイルにもよりますが、火力は相当に強くなります。

 

SBSH3050_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お求めはこちら

 

 




 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、巨大廃油ストーブ

2019/02/18

TMさんの巨大廃油ストーブ

 

恐らく22.5インチのトラック用ホイール

 

IMG00033_5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当に暖かいですが、一日何リッターぐらい使いますか?

 

そうだねぇ 60から80ぐらいかな。

 

やはりそうでしょうねぇ・・・・

 

トラックが何十台もあるから廃油には困らないですよねぇ

 

普通の強制ファン廃油ストーブが一日20L 火力を強くして30Lですからねぇ

 

 むむむ

 

隣には これまたなにやら楽しそうな乗り物がありますねぇ。

 

これは小型特殊

 

IMG00039_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、4輪バギーの変形バージョンですね。

 

IMG00040_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、公道乗ってるんですか?

 

乗る乗る!普通に乗るよ。

 

流石です!

 

IMG00043_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの4輪バギーも復活させたいところですが

 

多分無理。

 

屋根が先。

 

IMG00044_3.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、廃油ストーブの点火方法 着火方法

2019/02/07

人によって様々ですが

 

一番簡単なのはこの方法だと思います。

 

灯油を少し入れておいてティッシュで着火

 









 

 

 

 



 

 

2月7日更新

 

こちらはプロトタイプさんのプロトタイプ

 

自然吸気の廃油ストーブ

 

電源を使わないノーマルアスピレーション

 

穴が大きいので着火が超楽

 




 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、廃油ストーブ製作キット

2019/01/29

気がつけば普通の煙突を使用して自然吸気の廃油ストーブを製作している人が結構居ますね。

 

プライベートガレージから出る半年に20Lぐらいの廃油を処理する目的ならまったく問題ないと思います。

 

さて

 

うちのキットは肉厚で、吸気穴が均等に220箇所

 

長く使用できるのと、燃焼の安定に優れます。

 

作っていきましょう。

 

まず用意するのは ガスボンベかミニコンプレッサータンク

 

今回はコンプレッサータンクを使用します。

 

グラインダーでもプラズマでも、半分に切ります。

 

 

 

IMG00009_HDR_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極力水平に。

 

IMG00010_7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灰の掻きだし口 兼 吸気量調整口部分

 

IMG00011_HDR_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここら辺は簡単です

 

 

IMG00028_HDR_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮合わせ

 

IMG00034_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点付け

 

IMG00036_6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の下部分

 

IMG00039_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら?

 

蓋の写真がない・・・・・

 

 

 

しょうがないので割愛しましょう

 

 

煙突(燃焼室)取り付けの穴開け

 

 

IMG00029_HDR.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は特別バージョンで横から給油できるように3/8で穴開け

 

IMG00044_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本溶接して漏れ確認

 

 しっかり平面に固定して溶接しないと見事に反ります。

 

IMG00045_5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灰搔きだし口の下側は溶接が面倒になるので

 

極力底板の端に合わせて溶接します

 

IMG00046_7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したら点火してタンクの塗装を焼きます

 

 

IMG00057_4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はタンク容量が大きくなった為 吸気穴を全て1mm拡大

 

さらに火力アップ

 

IMG00001_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気を使わないので 屋外や 電気が来てないガレージでもOK。

 

(煙突は必要です)

 

 



お買い物

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


74件中(1件〜5件を表示しています)   前   |  
BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント