姐さん、良いものと売れるもの 職人と営業

2017/05/23
良いものが売れるものとは限らない。

高けりゃ売れないし、

ダサくても売れない。

安くてよいものが一番売れる。

携帯電話に代表されるように、営業サイドでは薄くて、軽くて機能的で。を要求する

一方、技術サイドでは勝手な事を言うな。そんなんじゃ壊れやすくなる。と反論する。

ユーザーが求めている最高な商品は この両方を兼ね備えたものとなる。


溶接をしていて、波目の綺麗な溶接跡。 職人から見れば、凄くうまい!これは凄い!と高評価。

しかし、一般の人が見ると なんか、ボコボコしてて・・・・ツルンとしたほうが綺麗。

どちらの気持ちも理解できる。

Rのきついパイピング。

1.0Rとか高い曲げ材を使用すのもありですが、蓮切りで製作します。
SBSH0695_2.jpg


















絶対に溶接跡が残りますよね。

綺麗な等間隔の見事な波目を残しても、一般のひとは認めてくれません。

(まぁ、そんな見事な腕は持ってないんですが・・・)

強度が落ちてもツルンッとしていた方が高評価なんです。

つまり、こういうことでしょ?
SBSH0692_3.jpg


















溶接が剥がれない程度に徹底的に磨きます。

強度が下がりますので職人さんは嫌がりますが、こっちの方が売れるんです。

非常に面倒な作業ですが、やってればいつか終わります。


人気ブログランキングへ

 
Comment(2) Trackback(1)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、鉄筋工 重労働 賃金未払い 2009

2016/07/19
昨日はハードだった。

わかってはいたけど、頭で考えるのと、現実は違う。

まず、240kgの角パイプ積み込み。SBSH1861.jpg




















そして、降ろし。SBSH1864.jpg




















専門業者なら、トラックを所有していたり、ユニック付だったりして何の苦労もない仕事。

私、ただのパーツ屋ですから・・・

さて、これから切断 切断 切断 切断 切断・・・・・・・・・・・・・・

高速カッターの刃を交換

切断 切断 切断・・・・


SBSH1866.jpg


















18時に始めた作業も すでに20時 まだまだこれから

切断 切断
SBSH1868.jpg



















何事も段取り八部  この作業が一番大事。

さてさて、面取り、合わせ、治具、溶接
SBSH1869.jpg



















綺麗に合ってくれない・・・

もう22時

ここからが深い・・

形状が複雑になってきた
SBSH1871.jpg


















垂直しかないから それだけが唯一の救いだ。
SBSH1872.jpg


















もうすぐ溶接ワイヤーがなくなる・・・

今日中にカタチだけは作りたい
SBSH1873.jpg



















23時

もう、腰が・・・ 痛い・・・
SBSH1874.jpg



















24時 ジェットストリーム

夜の四十万になんと饒舌な・・・(知らない人は気にしないで下さい)
SBSH1876.jpg



















AM1時

ワイヤーがなくなった。

このままにして帰りたいけど・・・

駄目だ、掃除しよう。

林田工場のような凸凹コンクリートは掃除機が便利です。(業務用ね)

ちまちまモップで掃いても綺麗になりません。

さて、これで 後はW/Gラッパ製作。

塗料を買って、ワイヤーを買って

今日が16日 

今週中に仕上げたい。

まったく利益を発生しないこの作業、ちゃんと後に繋がるのか?

商品名 仮ちゃん

全貌はまた後日。




今回活躍のパイプノッチャーリンク
http://flat.dreamblog.jp/blog/1361.html


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、20インチ センターハブ ボア径 拡大加工 札幌

2016/03/25
22インチぐらいまでのホイールならセンターハブ径を加工できます。

トヨタ用のホイールを日産ハブに加工するとか

BMW現行X5シリーズのハブを現行X5シリーズに合うように拡大とか
P1020356.jpg













 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、移動できる自動車ラック 武ちゃん 15 2009年

2016/02/08
納品前に全ての確認を終わらせなくてはならない。

実際に乗せてみて、動かして、元にもどす。

FDを載せようとしたところラックの全長が高くてやはりタイヤがひっかかる。(武石さんのところのリフトは大丈夫です) うちのは小さいから・・・


SBSH0100.jpg


















今回の武ちゃんは 門柱型リフト専用なのでしょうがないのですが、確認は絶対必要。

じゃぁどうやって・・・・車を載せよう?

ガンちゃんZを出して、FDと入れ替えて・・・・ 押す棒さんがあるから二人いれば簡単なんだけど、

俺1人だし・・・・
SBSH0101_1.jpg



















止むを得ん、Zに乗ってもらおう。

ガンちゃんのZにタイヤを装着。

さすがZ、FDのホイールを装着するとストラットと干渉します。

そこはスペーサーでOKSBSH0106.jpg




















リアはフーガの19インチSBSH0105_1.jpg



















不気味なぐらいでかい・・・・

さて、乗ってもらいましょう。

でも落ちたら事件だ。

殺されかねない。

慎重には慎重を重ねて、良く考えよう。

リフトで上がっている車を 降ろす。

万が一、武ちゃんが曲がるようなことがあれば止めればいい。

時間がないんだ。

ガンちゃん。

とリフトのスイッチに手をかけて

・・・・・

ん?

この車、サイドブレーキかかってたっけ?

後のホイールを装着したときに動いたような気が・・・

確認確認!



冷や汗。


サイドかかってないし、ギアも入ってない。

普通のリフトアップなら全然問題ないけど、武ちゃんから落ちたら まじ、殺られる。


SBSH0102.jpg


















慎重に慎重に降ろしてみる。

あっけないぐらい何にも起こらない。

ただ、

ゴージャッキ同様、うちのコンクリートは凸凹なので押すのが楽じゃない。

うーん。

追加決定。

補助ローラー。

移動用の車輪を一輪追加して、ギアで減速してハンドルを回して移動できるようにする。
SBSH0104_1.jpg



















あとは ガンちゃんにばれないように元に戻しておかなくてわ(汗)

あとは補助輪

塗装

分解

塗装

配達

組み立て


月内に終わるのか?

移動可能な自動車ラック 武ちゃん過去記事
http://flat.dreamblog.jp/blog/2395.html

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

姐さん、エア漏れ検査方法 インタークーラー ラジエター クーラント漏れ検査方法

2015/12/25

オークションに出品するインタークーラー。

たしかに走っていて、ブーストもちゃんとかかるし、漏れていない商品。

暇なわけじゃないけど、一応確認しておこう。

SBSH1035_2.JPG



















トラスト GTR用 3層幅 100mm
SBSH1036_1.JPG



















この凹みが気になる。

下側だから見えないけど。


さて、検査方法は各種ある。

 。道海得意のスモークマシーン。

これは漏れがあればそこから煙が見えるのでわかりやすい。

◆.ぅ鵐拭璽ーラーの両側に蓋をして一方にホイール用のエアバルブをつけて加圧する方法。
  
これはタイヤ用のエアゲージがあればはっきりとわかる。

 クーラント交換等に使用する 真空引きクーラントチェンジャーを使用する。

これは△筏佞法▲┘◆爾魄っ張って漏れを見る方法。


今回はの真空引き。
SBSH1025_2.JPG



















まず、片側に蓋。
SBSH1027_2.JPG



















反対側に真空引きの装置をつけるんだけど、本来ラジエター用なので50φしかない。

異径ホースを2個使って 80φから50φまで絞る。
SBSH1028_2.JPG




















エアーを繋いで真空引きをする。
SBSH1030_1.JPG



















もし、この段階でゲージが下がるようなら漏れがある。
SBSH1031_2.JPG




















反対側はこんな感じ。


本来I/Cは加圧して使用するものなので 加圧検査するのが正しいと思う。

まぁ、せっかくあるので使ってみたかっただけです。

普通はクーラント交換の際に使用するもので、クーラントを抜いた後、これで真空にしてクーラントを

吸わせるとエア抜きがいらないんです。 出てきた分綺麗に入ります。

そして、万が一 ガスケット抜けや、配管忘れ等合った場合は 真空状態にできないのでその時点で異常が発見できます。

つまり、 調子が悪い、 ガスケットか?などというときもこれがあればわかるんです。

ちなみに200Lのドラム缶に使用したら ベゴンッ とつぶれます。

真空恐るべし。(本当の真空ではありません)


そして、もしも漏れを発見したらスモークマシンの登場です。

何処から漏れているのか目でわかります。 特に車輌に装着した状態でパイピングやホースの漏れは 発見しにくいものですが煙がでてればわかりやすいんです。

2008年12月

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


390件中(1件〜5件を表示しています)   前   |  
BLOG MENU
検索窓
QRコード
会社情報
カテゴリー
保存記事
商品ブログ
最新の記事
最新のコメント
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ