姐さん、貯金箱

2018/07/10

昔 幼い頃 お年玉をもらい ウルトラマンの紙模型(箱の点線に沿って切ると平面ながら立体に見えるおまけ的な物) に貯めておいた。

 

ある日

 

紙模型が無い。

 

母に尋ねると

 

「さっき捨てたわよ」

 

なにぃっ!!””

 

ダッシュで外に飛び出し

 

野焼きが常だった場所に走る

 

ウルトラマンが今まさに半分燃えている

 

落ちている棒でウルトラマンを引き寄せる

 

足で踏んで火を消し

 

箱の中を確認する

 

たすかったぁ・・・・・・

 

 

 

 

 

たしか1万ぐらいあったような気がする・・・・・

 

 

 

 

 

そんな昔を思い出したのは この貯金箱

 

 

10年以上前に買った貯金箱で10円 50円 100円 500円と硬化別に自動で判別する商品

 

だから 投入すると 勝手に現在の残高がわかるのだ。

 

 

 

IMG16174.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱の開閉はカードの挿入と暗証番号が必要

 

引き出した金額を入力することで残高は狂わない。

 

最初は面白くて使っていたんだけど

 

結局 いちいち面倒でずーっとオブジェになっていた。

 

反断捨離派の私も さすがにもういいだろう と思い

 

捨てることにした。

 

リンダガレージへ持って行き 樹脂ゴミとして捨てる。

 

引き出しの中には何も無かったが、ロックの機構がどうなっているのか気になった。

 

引き出しを無理やり引っ張った瞬間

 

そいつは現れた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG16175.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11000円!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・黙って捨ててたら気付かなかった。

 

 

当然 心配も、後悔もなかっただろう。

 

 

なんてついてるんだ!

 

 

本日はご馳走である。


 
Comment(3) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
会社情報
検索窓
カテゴリー
QRコード
保存記事
商品ブログ
最新の記事
blogrank
山ちゃんお気に入りブログ
最新のコメント